布団のカビはクリーニングで撃退できるのか?

布団のカビはクリーニングで撃退できるのか?

布団のカビはクリーニングで撃退できるのか?

 

布団に生えてしまった黒いぷつぷつとしたカビ。気にはなるけどどうやって落としたらよいかわからず結局のところ放置していませんか?
黒カビが生えているということは実は布団の内部にはもっとたくさんのカビが大発生しています!カビの胞子は吸い込むとアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、過敏性肺炎、気管支炎などの健康被害が出る問われています。特に免疫力の低い赤ちゃんや小さい子供、高齢者の方は注意してください。気付かないうちに健康を害してしまう恐れがあります。もしくは、最近何か調子が悪いな?原因不明の体調不良、未病などの生じようがある方は実は、布団のカビ菌のせいかもしれません。
当サイトでは、布団のカビ菌を徹底的に撃退するための手段について記載しています。

 

この機会に御自宅の布団のカビを一掃する方法を考えてみませんか?

 

布団のカビを自力で取ろうとしたらどうなった?

 

カビが生えてしまってまず最初に行うことって、どうやったら自力で何とかできるか、低コストで対処できるか、ネットなどで検索しませんか?
私も困ったことがあればすぐにググってから自分でも何とかできる方法がないか探してしまいます。
かびた布団の洗い方も、いろいろな方法が載っていました。
どういった方法があるか一通りしらべたところ、重曹、漂白剤、エタノール、キッチンハイターなどどれも自宅にあるものか、百均などで買いそろえることができる材料です。その方法とは黒カビの点々の部分に薬剤を染み込ませて放置したものをよく拭いてから天日で乾燥という流れが基本的です。
黒カビが少しでも取れたり、薄くなったら「カビが取れた!」とうれしくなって、自宅でも低予算でなんとかなったじゃないか。いちいちクリーニングに出す手間がかからなかったからラッキー。余計な費用が掛からなくて得した!と思っていませんか?
実はカビというのは見える部分ではなく見えない部分のほうが根が深く、胞子をたくさん抱えているのです。つまり、見た目だけの判断でカビがとれたかどうかはわかりません。繊維の奥底に潜んでいるカビを取り逃しているということに気づいていないのです。
素人判断でやってはいけないのが、こういった、知識のないままのカビ対策を行うことが、家族の健康を危険にさらす羽目になっていることを理解するべきなのです。

 

自分でカビを取れるというのは間違いです。見た目以上にカビは厄介なのです。
見えないカビ菌を放置するといったいどういったことが、どのような被害が起こってしまうのか、知っておくべきです。
では、カビ菌を放置することで起こる被害について調べてみました。
まず始めに、布団のカビは放っておくとどんどん増殖してしまいます。カビが生えた布団を使い続けるということはカビと共に過ごすこととなります。
布団のカビは、絶好のダニのえさになります!布団をカビさせてしまうことは、ダニの数自体も増やすことにつながります。ダニだけではなく、あらゆる雑菌の量を増やす原因となってしまいます。
こういった引き金を引かないためにもきちんとした布団のお手入れを行うことが必要です。

 

布団のカビをクリーニングで撃退してしまおう!

 

見えないカビを取り除くにはクリーニングが一番です。プロの手に任せることで、カビ菌を死滅させることができて衛生的です。
しっかりと水洗いすることでまるごと布団のカビやほこりが一掃されます。特に羽毛布団などは内部の羽や綿部分にはびこったカビを根こそぎ洗浄、高温殺菌、乾燥できるので、カビの他にもダニやダニの糞、死骸、埃、花粉もまるごときれいになりますよ。
カビの繁殖を抑えることができるのはやはりクリーニングだけです。表面的な汚れをいくら落としても内部のカビまでは到底落としきれません。
カビが生えたら真っ先にクリーニングに出すことを念頭に置いておいてください。
なぜかと言うと、およそ1ヶ月以内のカビであれば、黒カビのぶつぶつは比較的簡単に落ちます。しかし、カビが発生して時間が経過すると繊維にカビの色素が付着してしまいクリーニングに出しても落とすことが困難になってしまいます。
なるべく見た目にも黒カビが落ちたほうがスッキリして気持ちいいですよね。でも、クリーニングに出してカビが落ちていなかったからといってガッカリしてしまわないでください。
見えないカビ菌が取れたということはクリーニングの効果は確実に出ています。
実際に、カビの発生を遅らせることができます。

 

おすすめのカビ対策ができるクリーニングランキング

トップへ戻る